中森泰樹先生への質問

文一志望の慶應法学部法律学科に通っている仮面浪人生です。現役時は英数を武器にしていて、河合の第二回オープンでもその二科目のおかげでA判を取りましたが、駿台の実戦と本番では英数が取れず大幅に落として、結局落ちてしまい、現在伸び悩んでいます。国語は苦手で、世界史は得意、地理は少し苦手です。現役時の合格校は慶應法、早稲田法、中央法(早稲田中央はセンター利用)です。
・過去問を中心に据え25カ年をやるべきでしょうか(現役時は青本で10年分やりました)、それとも基礎固めからやり直すべきでしょうか。
・得意教科で攻めるのと、全教科堅実にいくのではどちらの方が本番で安定するでしょうか。
よろしくお願いします。

相談者プロフィール

名前 Hasegawa
年齢 18
偏差値 75
志望大学 東京大文科一類
出身校・在学高校名
出身校のレベル 68
一日の勉強時間 5
気になるカテゴリ

nakamori_s

武田塾    中森泰樹  からの回答

慶応では高いレベルが求められます。

過去問と基礎固めは同時にできると思うので、過去問を週に2年分ほど解きつつ、基礎の復習をやり直してください。慶応レベルになると、得意教科であっても、点数を稼ぐところまでいくのは非常に厳しいので全科目鍛えていったほうがいいです。

校舎に直接相談したい

関連した相談

相談カテゴリ

武田の無料受験相談所
ログイン・新規登録



新規会員登録はこちらから

武田の無料受験相談所は武田塾オフィシャルのQ&Aサービスです。
ログイン(無料)すると投稿や観覧の制限がなくなり無料相談所の全ての機能をご利用いただけます。