予備校で悩んでいる生徒

昔から特に数学には苦手意識があるのですが、数学を何とかしたいです。

全く解けない数ⅢCを一からやり直そうと思い、東進の数ⅢC基礎レベルの授業を受け直し始めました。以前に一回授業を受けてあり、ノートは完成しているので説明に集中して授業を受けています。授業を受けた後に授業で解いた問題を解き直し、テキストにある復習問題を解き、確認テストを受けて理解出来ているかを確認しています。

これだけでは演習量が足りないと思い、以前買った黄色チャートの該当する範囲の例題を解いています。解けなかった問題には全て「×」印をつけて解けるようになるまで解いて、理解出来ない問題は学校の先生に聞くようにしています。このやり方では駄目でしょうか?自分なりに武田塾のHPに書かれている勉強法と、東進の授業を組み合わせてみたつもりなのですが…

また、ⅠA・ⅡBのほうも平行してやらないと間に合わないと思い、黄色チャートの例題を解いているのですが、こちらも東進の授業を受け直したほうがいいのでしょうか。
黄色チャートより、基礎問題精講をしたほうがいいのですか?

それと話は変わりますが、私はモチベーションの波の変動が激しいです。どうしたら高い位置でモチベーションを保てますか?

質問だらけですが、ご教授下さい。お願いします。

相談者プロフィール

名前 pipi
年齢 20
偏差値 62
志望大学 久留米大学
出身校・在学高校名 賢明学院高校
出身校のレベル 55
一日の勉強時間 3
気になるカテゴリ 数学

h_catch

武田塾    林 尚弘  からの回答

数学は基本黄チャートを、モチベーション維持にはライバルを見つけること。

まず、ブログのテンプレートは基本的に予備校等の授業と並行して行うことを想定して書いたものではありません。
むしろ、予備校の授業と並行して行うと失敗する可能性が高いと思います。

というのも、特に数学はとにかく時間がかかります。
これは仮に、数学を参考書のみで独学で行い、参考書を読んでもわからないところが無い場合(とても理想的です)であっても、他の教科と比べると圧倒的に時間がかかってしまいます。

ブログの数学学習法には「はじめからはじめる」「白チャート」をスタートとしてあげていますが、この二冊はインプットするのに適した参考書だからです。
つまり、これを用いれば予備校の授業はまず必要ないから取り上げているのです。

黄チャートだけでもかなりの説明があり、東進の授業は正直必要ないように思います。受け直しであれば、基本は黄チャートのみを行い、それでも説明がよく分からない部分のみ受講すると言うのはどうでしょうか。

ちなみに基礎問題精講との選択については、公式や定理とその使い方が頭の中に入っていて、基礎精講の解答さえ見れば理解できると言うのであれば基礎問題精講でも構いません。基礎問題精講の中心は黄チャートで言えばコンパス3つ以上のレベルです。
また、説明もかなり簡単になっています。

したがって、苦手意識があるのならば基礎問題精講突入は黄チャートのあとでいいと思います。なお、基礎問題精講突入を考えているのであれば、黄チャートは基本例題だけでいいです。重要例題レベルは基礎問題精講でやればいいです。

そのかわり、黄チャートと並行してカルキュールなどの計算系問題集も使い、簡単な問題をスピーディに解く練習をしてください。

ところで、モチベーションの維持はやはり難しいと思います。
最高の方法はライバルを見つけることです。

例えばお互いに問題を出し合ったりすると競争心がわいて「やらないわけにはいかない」状況になります。
友達同士で進捗状況を管理し合い、なまける人がいたらペナルティを課すのも一案です。

参考になりましたか?また何かありましたら返信下さい。

校舎に直接相談したい

関連した相談

回答講師の希望なしの投稿

センター試験の選択科目について質問があります。 国公立を狙っていて2次試験は実技なので勉強はセンター試験だけです。 その場合の社会科目について質問があります。 社会ではなんでも取れるのですが学校で世界……

早慶の英文でつまずいている受験生がやっておきたい2つのポイント

早慶の英文について。センター模試ではコンスタントに180近く取れるのですが早慶の過去問になると全然読めません。どうしたら早慶の過去問を読めるようになりますかね? 今は単語熟語に文法語法のトレーニング演……

相談カテゴリ

武田の無料受験相談所
ログイン・新規登録



新規会員登録はこちらから

武田の無料受験相談所は武田塾オフィシャルのQ&Aサービスです。
ログイン(無料)すると投稿や観覧の制限がなくなり無料相談所の全ての機能をご利用いただけます。